【用語】風説の流布(ふうせつのるふ)【キーワード】

この記事は約2分で読めます。

風説の流布(ふうせつのるふ)とは、投資対象の価格を変動させることを目的として、虚偽の情報を流すことを言います。

具体的には合理的根拠なく「〇〇はつぶれるみたいよ」「△△は必ず上がる」など、株価を大きく左右するような内容の話や書き込といった行為を指します。金融商品取引法で禁止行為とされており、犯罪です。

たとえばライバル企業の足を引っ張るために「あの大人気製品には大きな欠陥があり危険だ、株を持ってる奴は手放した方がいい」と言ったり、株価を変動させたいがために「あの企業つぶれそうだって聞いたよ」「あそこが今動いている案件、表に出れば株は暴騰するよ」みたいな例が挙げられます。
もしくは企業から(直接的・間接的に)依頼を受けて、株価が上がるように仕掛けたり・・・。
皆さんもSNSやブログ、ネット掲示板などで見かけたこと、ありませんか?

こういった行為をよく見かけると思うのですが、なかなか厄介なのが”価格の変動を目的としていない場合”はこれに該当しないということです。(偽計業務妨害罪などになる可能性はあるのですが)

なので、ネットでよく見るような似た行為は巧妙にややぼかしてやっているグレー行為とみなされるのか、なかなか「風説の流布」で逮捕されるということは少ない印象です。ただ行為自体は相場の公正さを崩す違法行為なので、見かけたら証券取引等監視委員会に通報するようにしてください。

ネットでも有名な怪しい人も点在していますので、どういうことをしているかは知っておくと、自衛もできますのでおすすめです。


ブログランキングに参加しています。
アクセスアップにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ株式投資ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました