「巻き返し」 2017年9月第3週成績(9月15日時点) 【週間保有株まとめ】

この記事は約5分で読めます。

週全体の感想

日経平均株価は反騰し、200000円を一気にうかがう展開に。北朝鮮の動きに相場は動かないという強い意志を感じるレベルでした。

自己保有は全49銘柄中、上昇が38、変わらずが2、下落が9

勝敗数では4勝1敗で前週の大幅下げの反動で金額的にも前週下げた分の6割弱を戻した形。

年初からの売却および含み評価損益:+48.69%(前週比:+5.41%)

ランキング

自己保有銘柄の含み損益、今週の騰落パフォーマンスランキングは以下の通り。

コード銘柄名先週比評価損益勝率
6264マルマエ+47.76%+755.97%80%
5381Mipox+35.69%+83.64%60%
3723日本ファルコム+22.66%+421.18%60%
2462ライク+21.11%+416.11%60%
6670MCJ+20.47%+389.76%80%
8914エリアリンク+17.15%+57.3%60%
7744ノーリツ鋼機+13.19%+104.54%60%
6050イー・ガーディアン+13.06%+186.41%60%
7725インターアクション+12.02%+87.21%100%
4824メディアシーク+10.22%-9.43%40%
6058ベクトル+9.77%+11.34%60%
7974任天堂+8.34%+41.72%60%
4716日本オラクル+7.76%+193.02%60%
3048ビックカメラ+7.49%+187.76%80%
2768双日+7.38%+71.02%60%
8708藍澤證券+7.03%+53.82%100%
2307クロスキャット+6.21%+48.86%80%
7746岡本硝子+6.19%-1.77%80%
6044三機サービス+5.44%+101.92%80%
7438コンドーテック+5.07%+42.26%80%
2354安川情報システム+4.71%+97.64%60%
6727ワコム+4.71%-20.4%80%
8306三菱UFJフィナンシャル・グループ+4.59%+11.74%80%
9479インプレスホールディングス+4.15%-30.41%60%
8591オリックス+3.95%+23.43%60%
3857ラック+3.89%+19.79%80%
4568第一三共+3.32%+35.25%80%
2681ゲオホールディングス+3.27%+67.65%60%
8304あおぞら銀行+2.99%-9.64%80%
8411みずほフィナンシャルグループ+2.81%-5.81%80%
3071ストリーム+2.52%-41.92%60%
8267イオン+2.5%+22.28%80%
3668コロプラ+1.49%-51.37%60%
7863平賀+1.48%+17.49%60%
3778さくらインターネット+1.38%-19.31%80%
1780ヤマウラ+1.22%+77.27%40%
2404鉄人化計画+0.69%-10.47%40%
2773ミューチュアル+0.24%+2.09%40%
4319TAC+0%-26.04%40%
4722フューチャー+0%+97.42%40%
6634ネクスグループ-0.15%-36.94%60%
5990スーパーツール-0.2%-12%40%
3021パシフィックネット-0.34%-17.06%40%
4826CIJ-0.41%+33.06%40%
9438エムティーアイ-1.12%+13.12%20%
4985アース製薬-2.7%+93.91%20%
7832バンダイナムコホールディングス-2.93%+204.67%40%
2170リンクアンドモチベーション-13.94%+319.39%40%
9757船井総研ホールディングス-29.66%+314.04%20%
全銘柄+5.41%+77.15%80%

上昇と下落で目立った銘柄

上昇率3%以上は、マルマエ,Mipox,日本ファルコム,ライク,MCJ,エリアリンク,ノーリツ鋼機,イー・ガーディアン,インターアクション,メディアシーク,ベクトル,任天堂,日本オラクル,ビックカメラ,双日,藍澤證券,クロスキャット,岡本硝子,三機サービス,コンドーテック,安川情報システム,ワコム,三菱UFJフィナンシャル・グループ,インプレスホールディングス,オリックス,ラック,第一三共,ゲオホールディングスの28銘柄。先週大ダメージを食らった銘柄の多くがランクインし、金額ベースでマルマエ、メディアシーク、イー・ガーディアン、Mipox、ライク、ベクトルが上位銘柄になりました。マルマエの復活に期待したいところ。
下落率3%以上は、船井総研ホールディングス,リンクアンドモチベーションの2銘柄。金額ベースでのマイナス寄与率は船井総研ホールディングスが圧倒的でさすがに息切れ感がありますね。

悲喜こもごも

●週間記事プレイバック
・6/29以来の3%以上の大幅上昇!しかしえぐられた傷口は深く・・・ 【2017/09/11】
妙に強い日経平均株価とともに保有株も連騰でようやく9/5のダメージを埋める 【2017/09/12】
ギリギリでプラ転し、6連勝【2017/09/13】
メディアシークがストップ高も他が弱く連勝ストップ【2017/09/14】
昨日ストップ高のメディアシークは船井総研HDとともに大きく下げる【2017/09/15】
 久々の大幅上昇でしたが、先週の下げに比べるとやや弱め。メディアシークが久しぶりに反撃の狼煙を見せたかと思うと、次の日は相変わらず。さらに船井総研HDのブレーキも地味に痛かったですね。

●下半期の週間勝敗数はまだ負け越し
 7月に入ってからは正直苦戦しており、5勝6敗です。来週もプラスで五分五分に戻したいところ。

・今週のプラ転・マイ転
 プラ転・マイ転:なし。
 ただしメディアシークが一時プラ転して、すぐにマイ転しています。

来週の展望

 日経平均株価が20000円を回復するかがカギですが、ロンドンでまたテロが発生して落ち着かない感じです。うちの場合はマルマエとメディアシーク、そして船井総研あたりがカギを握りそうです。


ブログランキングに参加しています。
アクセスアップにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ株式投資ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました