【月次成績】2018年1月成績(1月31日時点) 【保有銘柄パフォーマンス】

この記事は約5分で読めます。

月全体の感想

日経平均株価は年明けからすさまじいロケットスタートで一時24000円台をついに突破したものの、最後は急ブレーキがかかり、1000円ほどの下落で締める結果となりました。

自己保有は全48銘柄中、上昇が37、変わらずが0、下落が11

勝敗数では11勝8敗(ただし終盤5連敗)、金額的にはなんとかリードしていたプラスをなんとか確保という形。

年初からの売却および含み評価損益:+10.75%(前月比:–%)

ランキング

自己保有銘柄の含み損益、今月の騰落パフォーマンスランキングは以下の通り。

コード銘柄名先月比評価損益勝率
2462ライク+282.573%+533.06%36.8%
6264マルマエ+131.345%+1322.39%47.4%
6044三機サービス+65.12%+209.76%63.2%
6058ベクトル+38.579%+62.46%42.1%
4568第一三共+38.341%+91.95%78.9%
7725インターアクション+37.851%+168.03%57.9%
7744ノーリツ鋼機+35.172%+286.52%52.6%
9479インプレスホールディングス+25.633%+3.02%57.9%
7974任天堂+25.118%+77.73%68.4%
4824メディアシーク+24.925%+12.941%75%
5381Mipox+22.727%+87.5%52.6%
6670MCJ+22.443%+387.01%73.7%
2354安川情報システム+17.51%+115.49%31.6%
2170リンクアンドモチベーション+15.754%+473.33%47.4%
2307クロスキャット+13.87%+117.39%47.4%
3021パシフィックネット+13.811%+9.44%68.4%
3048ビックカメラ+12.249%+280.73%42.1%
9757船井総研ホールディングス+11.594%+368.84%52.6%
3857ラック+10.067%+53.53%57.9%
8591オリックス+9.128%+42.31%68.4%
3723日本ファルコム+6.407%+365.52%36.8%
7863平賀+6.403%+24.63%42.1%
5990スーパーツール+5.2%-2%63.2%
1780ヤマウラ+4.895%+65.21%52.6%
2681ゲオホールディングス+4.353%+142.37%57.9%
6634ネクスグループ+4.176%-34%52.6%
2404鉄人化計画+3.719%-12.56%47.4%
6050イー・ガーディアン+3.562%+260.95%42.1%
3071ストリーム+3.539%-39.39%47.4%
2768双日+3.409%+100%42.1%
6727ワコム+2.894%-4.26%47.4%
8914エリアリンク+1.529%+74.96%47.4%
2773ミューチュアル+1.163%+4.06%52.6%
3778さくらインターネット+0.983%-18.13%63.2%
4985アース製薬+0.773%+119.74%52.6%
8304あおぞら銀行+0.753%-5.35%42.1%
8411みずほフィナンシャルグループ+0.342%+1.13%57.9%
7746岡本硝子-0.43%-5.19%42.1%
9438エムティーアイ-0.8%+2.24%47.4%
8306三菱UFJフィナンシャル・グループ-0.92%+34.56%47.4%
8267イオン-3.4%+40.51%63.2%
7438コンドーテック-3.64%+37.97%52.6%
8708藍澤證券-4.02%+52.41%42.1%
4826CIJ-7.28%+48.44%36.8%
4722フューチャー-8.6%+153.55%42.1%
7832バンダイナムコホールディングス-10.44%+197.16%26.3%
3668コロプラ-10.67%-62.67%31.579%
4716日本オラクル-19.75%+209.59%31.579%
全銘柄+20.66%+143.45%57.9%

上昇と下落で目立った銘柄

上昇率3%以上は、ライク,マルマエ,三機サービス,ベクトル,第一三共,インターアクション,ノーリツ鋼機,インプレスホールディングス,任天堂,メディアシーク,Mipox,MCJ,安川情報システム,リンクアンドモチベーション,クロスキャット,パシフィックネット,ビックカメラ,船井総研ホールディングス,ラック,オリックス,日本ファルコム,平賀,スーパーツール,ヤマウラ,ゲオホールディングス等の30銘柄。かなり強かったものの、終盤の失速でずいぶん減ってしまった感じの数字。金額ベースでのプラス寄与率はライク・マルマエ・メディアシーク・ベクトル・三機サービス
・インプレスホールディングス・ノーリツ鋼機・パシフィックネットが上位銘柄。とにかくライクが圧倒的な状態でした。マルマエは一時完全にトップでしたが大失速。

下落率3%以上は、日本オラクル,コロプラ,バンダイナムコホールディングス,フューチャー,CIJ,藍澤證券,コンドーテック,イオンの8銘柄。金額ベースでの寄与率はバンダイナムコホールディングスが目立ちました。どうにも先月からイマイチですね。

悲喜こもごも

・9連続月間成績プラス
 終盤の失速ぶりにあわやマイ転も近づきましたが、なんとかしのぎ切った印象。とはいえ、ちょっとダメすぎる流れなので強気にはなれませんね。以下で紹介する数年来のプラ転銘柄が多かったのも印象的。

・今月のプラ転・マイ転
 プラ転:インプレスホールディングス・パシフィックネット・メディアシーク
 マイ転:なし
 プラ転したのは数年ぶりのものが多く、ようやく来た流れで喜ばしい流れでした。(特に中盤までは)

来月の展望

 日経平均株価がどうにも上がりにくい状況に陥っているのをどう解消するかがカギですね。とにかく今は八方ふさがりのような形ですから・・・。


ブログランキングに参加しています。
アクセスアップにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ株式投資ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました