【月次成績】2017年4月成績(4月28日時点) 【保有銘柄パフォーマンス】

この記事は約5分で読めます。

月全体の感想

日経平均株価は月ベースの終値で最高値を記録。

自己保有は全48銘柄中、上昇が21、変わらずが1、下落が27

勝敗数では12勝8敗で勝ち越したものの、金額的には大きくマイナスという形。

年初からの売却および含み評価損益:+19.37%(前月比:-4.09%)

ランキング

自己保有銘柄の含み損益、今月の騰落パフォーマンスランキングは以下の通り。

コード銘柄名先月比評価損益勝率
9757船井総研ホールディングス+20.94%+159.32%65%
3048ビックカメラ+19.5%+151.47%55%
6058ベクトル+14.7%+15.37%60%
7832バンダイナムコホールディングス+13.78%+191.74%55%
7974任天堂+8.19%+3.91%60%
6634ネクスグループ+6.8%-32.61%35%
8708藍澤證券+5.43%+36.35%60%
1780ヤマウラ+3.84%+12.76%55%
8591オリックス+3.74%+18.95%50%
8914エリアリンク+2.85%+11.24%55%
4985アース製薬+2.7%+132.85%50%
2768双日+2.28%+60.8%50%
8267イオン+2.16%+25.08%55%
4716日本オラクル+2.12%+126.38%55%
3021パシフィックネット+1.84%-9.87%65%
6727ワコム+1.67%-37.14%45%
8306三菱UFJフィナンシャル・グループ+1.56%+16.26%45%
4319TAC+1.48%-32.54%37.5%
2681ゲオホールディングス+0.98%+34.1%50%
2773ミューチュアル+0.81%+1.74%40%
4826CIJ+0.63%+16.22%55%
7746岡本硝子+0%-31.42%45%
3668コロプラ-0.12%-59.65%45%
8411みずほフィナンシャルグループ-0.19%+0.3%50%
8304あおぞら銀行-0.85%-13.06%50%
5990スーパーツール-1.2%-13.8%50%
7863平賀-1.23%+7.88%25%
2404鉄人化計画-1.63%-10.47%55%
2307クロスキャット-1.66%+8.07%50%
7438コンドーテック-1.69%+19.64%65%
4568第一三共-1.78%+29.34%55%
9479インプレスホールディングス-1.85%-37.79%40%
3857ラック-2.29%+6.63%45%
6044三機サービス-2.72%+145.28%40%
4722フューチャー-3.23%+86.02%45%
4824メディアシーク-3.54%-22.99%50%
5381Mipox-4.09%-34.77%40%
3071ストリーム-4.55%-42.93%20%
7744ノーリツ鋼機-5.82%+21.56%45%
9438エムティーアイ-6.4%+1.6%50%
3723日本ファルコム-6.9%+300.49%45%
3778さくらインターネット-7.29%-17.04%35%
6670MCJ-7.87%+406.3%50%
6050イー・ガーディアン-11.87%+123.09%50%
2170リンクアンドモチベーション-14.54%+306.67%50%
7725インターアクション-35.29%+88.24%50%
2462ジェイコムホールディングス-36.16%+260.5%40%
2354安川情報システム-40.41%+132.32%25%
6264マルマエ-145.53%+537.31%45%
全銘柄-4.09%+49.37%60%

上昇と下落で目立った銘柄

上昇率3%以上は、船井総研ホールディングス,ビックカメラ,ベクトル,バンダイナムコホールディングス,任天堂,ネクスグループ,藍澤證券,ヤマウラ,オリックスの9銘柄。正直全体的にあまり強くないのがわかる数字。金額ベースでのプラス寄与率は船井総研ホールディングス・ベクトル・バンダイナムコホールディングスが上位3銘柄。最近弱かった銘柄たちが頑張ってくれましたね。
下落率3%以上は、マルマエ,安川情報システム,ジェイコムホールディングス,インターアクション,リンクアンドモチベーション,イー・ガーディアン,MCJ,さくらインターネット,日本ファルコム,エムティーアイ,ノーリツ鋼機,ストリーム,Mipox,メディアシーク,フューチャーの15銘柄。金額ベースでの寄与率はマルマエ¥ジェイコムホールディングス・イー・ガーディアン・インターアクション・安川情報システム・
メディアシークが目立ちました。今年に入って好調だった銘柄が特に売られた印象。その中でもマルマエが圧倒的な下げで今回のマイナスの8割近くを担っています。

悲喜こもごも

・今年初の月間成績マイナス
 とにかく4月は苦しい展開続きでした。とにかく下げがきつい割に反発が弱い流れが長すぎました。
 下げは5%が1回、4.4%が2回、2%が1回と派手だったのに対し、上げは3.5%が1回、2.2%が1回。
 これでは内容では負け越しますよね・・・。

・今月のプラ転・マイ転
 プラ転:任天堂
 マイ転:なし

来月の展望

 日経平均株価が20000円を目指せるかどうかでしょうか。外部環境がとにかく不安定であまり安心できませんが・・・。仕事も忙しいため、どこまで取引ができるかわかりませんが、今回弱かった点を補強できるようにしておきたいところです。


ブログランキングに参加しています。
アクセスアップにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ株式投資ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました